ロイヤルマックス
~生菌が健康のカギ~

日本バイオリサーチセンター

Vitroの試験でロイヤルマックスは、ピロリ菌に対する明確な増殖抑制作用を示した。またマウスを用いるピロリ菌感染実験で、4週間のロイヤルマックス投与が胃壁に存在 するピロリ菌を有意に(90%以上)低下させた。

全マウスの平均値

個々のマウスの値(対象群)

個々のマウスの値(ロイヤル マックス投与群)

(考 察)

マウスにヘリコバクターピロリ菌を接種し、ピロリ菌に感染させ、

ロイヤルマックスを4週間経口投与して、胃内の生菌数を指標に

ピロリ菌に対する作用を検討した。ロイヤルマックス群で、Vehicle群

と比較して、胃内の生菌数の有意な減少が認められた。このことより、

ロイヤルマックスピロリ菌増殖を抑制する効果を有していることが 示唆された

VITRO(試験管)での実験

(実験方法)

(実験結果と考察)

被験物質の前培養時間が24時間では、生菌数の推移は対照群と同程度であった。48,96,120 時間では培養後5時間までは、それぞれ対照群と同様の推移であったが、培養後10時間 以降では被験物質群で生菌数の有意な減少が認められた。

VIVO(マウス)での実験

(実験方法)

動物数及び群構成の関係

・菌液接種

接種経路:経口

接種期間:1週間に1回、計4回

接種方法:金属性経口ゾンデ(有限会社 フチガミ器械)を装着した

1 mLツベルクリン用シリンジ(テルモ株式会社)を用いて、1個体あたり

1 mL接種した。感染成立の確認:最終菌液接種後7日に注射針

(テルモ株式会社)を用いて頬部静脈叢から採血して血清を分取した。

採血後、出血が止まっていることを確認した。血清を用いて抗体価を

Mouse Helicobacter pylori antibody (IgG) ELISAキットで測定した。抗体価が

0.2以上であれば、感染成立とした。

・被験物質投与

投与経路及び選択理由

投与経路:経口

選択理由:臨床適用経路に合わせるため。

・投与方法

投与経路及び選択理由

金属性経口ゾンデ(有限会社 フチガミ器械)を装着した1 mLツベルクリン用

シリンジ(テルモ株式会社)を用いて、強制的に経口投与した。なお、

投与時には1匹ごとに検体を転倒混合した。

・投与液量、投与時刻、投与回数及び投与期間

投与時には1匹ごとに検体を転倒混合した。

投与液量:200 µL/匹

投与時刻:午前8時22分から午前10時34分までの間

投与回数:1日1回

投与期間:28日間(投与開始日を1日と起算した)

・統計学的方法

投与期間:28日間(投与開始日を1日と起算した)

体重及び胃内の生菌数は各群の平均及び標準誤差を算出した。

有意差検定は、胃内の生菌数について、第1群vs 第2群でWilcoxonの

順位和検定を用いて行った。危険率は5%とし、5 %未満(p<0.05)及び

1 %未満(p<0.01)に分けて表示した。なお、統計解析は市販の統計

プログラム(SASシステム:SASインスティチュートジャパン)を用いた。

ロイヤルマックスの研究結果

福井大学医学部

(実験方法)

著明な体重増加を誘導する高脂肪食摂取(HFD)条件下におい

ロイヤルマックスの摂取が体重増加を抑制するかを検討する。

HFDのみを与えたものを対照群(HFD)とし、HFDに ロイヤルマックス を0.2338%

(w/w)添加した餌を与えた群を実験群( ロイヤルマックス HFD)とする。

(実験結果)

ロイヤルマックス投与は高脂肪食摂取による体重増加を抑制する。

(考 察)

ロイヤルマックス投与は摂餌量、運動量いずれにも有意な影響は与えない

投与による体重増加抑制のメカニズムは代謝レベル増加など 他のメカニズムによることが考えられる

牛の腸内環境変化

帯広畜産大学環境保全科

ロイヤルマックス が便、尿の消臭効果を示す

ロイヤルマックスの研究結果

蘇州大学動物実験センター研究報告(2006)

ネズミとウサギを用いる実験で、ロイヤルマックスを飲ますと、飼育室における室内アンモニア濃度は有意に低下した。

中国江蘇省畜牧獣医所研究報告(2002)

ネズミとウサギを用いる実験で、ロイヤルマックスを飲ますと、飼育室における室内アンモニア濃度は有意に低下した。

鶏を用いる実験で飼育環境が改善し良い卵を産んだ、又、悪臭が生じなかった。

豚を用いる実験でも肉質に良い変化が現れた。

(両方の実験で抗生物質は一切使用しなかった。)

帯広畜産大学(牛を用いる実験で、悪臭が軽減した)

JRA栗東診療所にて競走馬に与えた際も、糞の状態が変化し良くなった。